« はなとうろう | トップページ

2010年3月22日

グリーンダヨ!

Img_1641_2



2年ぶりだよ! イインダヨ!(笑)

 

 

我が家も3年すぎまして、

家 と 自然 と 人 との暮らしのペースがつかめてきだしたように思います。

この時期は ここ開けとけば 風 最高に気持ちいい とか

この時期は 野菜やみかんを 外のこの場所においとくほうが

だんぜん扱いやすくて 長持ちする とか。

 

 

植物とのつきあいもそのひとつです。

水は乾いてからやればじゅうぶん とか。

影だけの場所じゃさすがに生きられねえ とか。

P1100868
  

  


前もふれただろうけど、  この家ができるまで

植物を育てるのヘタだしなんか大変そうだという思い込みから、

庭の手入れを避けたいがために 本気で木は1本でいいと思ってました。

それが住むやいなや・・・

うちの 「家を建てて妻が変わったことランキング」 第1位ですな。

(「結婚して変わったことランキング」みたいな。)

グリーン大好き~☆

 

 

最初の1年は、家の外も中も

できあがったまんまの 飾らない方針 というか

基本何もおかない状態、素材の味を

ただただ楽しみたかったので

(この期間は新築だけの二度と味わえない貴重な時な気がして)

植物や雑貨はおろか

生活必要品も極力 表に出さずにおりました。

掃除もしやすいしね。

当初 御祝いやプレゼントにいただいた観葉植物も

マメに世話しきらんだろうという わたしの性格を考慮された

たまに霧吹きでやればいいだけ♪ とか手間要らずのセレクト品に限られており

おかげで グリーンにハマる前だったにもかかわらず

それらは今でも元気です。

 

何もおかない時代 から

そろそろちょっぴりおきたい時代 になったころ

かわいい雑貨などももちろん好きだけど

グリーンって最高の飾り物なのではっ !? と気がづきました。

それは 生きているからか、はたまた 白に映えるからなのか、

しばらくの間 まあわたしを夢中にさせました。

 

もともと昔から 色で好きなのは白と緑だと言ってたり、

わたしたちの結婚式もテーマ色は白と緑で統一したり とか

花よりもグリーン好みな傾向アリ。

いろいろ育てだして 最初に大好きになったのが

211_4    P1100500

 

ワイヤープランツ。(↑珍しく花が咲いた時のもの。花はちっちゃい。)

その名のとおり ワイヤーのような茎に

小さめの葉っぱがちょこちょこついてて

四方八方に広がる感じで大変ステキ。

まとまっててもイイし、1,2本切って挿してもすごくイイし

わたし的に便利なグリーンです。

 

時々 近寄って植物目線で見ると

ワイヤーの伸び方 や 葉が生き生きしてる姿に

思わずポーッとみとれてしまう。

外に地植えでもOKなので(そこも好き) 庭に植え、

養殖気分で増やしています。

 

 

 

 

P1150638

 

一番好きなベビーティアーズ。

こんなにこまかい葉っぱは他に見たことなく、

それゆえ葉っぱが弱いのか 「普通に上から水やり」はタブーで

水は下から(根っこから)吸わせなければいけないという

なんとも気を遣うグリーンですが

小さい小さい葉が集まって茂るその姿は

ほんとにかわいい。

長女の卒園記念親子陶芸の作、粉引きのカップに

プラスチックの鉢ごといれてるけど

下から水を吸わせるには抜群な使い心地です。

現在この写真よりも勢いよくはみ出て活気づいてるので

この春 サイズアップしたものに植え替えてやろうと思ってます。

 

 

 

Img_1675

 

近頃よく売ってある シュガーバイン は壁につるしておりますが

元気にどんどこ伸びて こちらも要植え替えって感じ。

わたしは たれさがる系が好きみたいです。

 

 

 

Img_1682

 

玄関の靴箱てっぺんに置いてるのは

グリーンネックレス。(名は体をあらわす)

側面の鏡側にたらしてるので うつりこんで丸い粒が

倍になってます。

 

Img_1752

 

次女には いやこれ絶対グリンピース! と言わしめた。

 

 

 

Img_1743_2    

フィカス・プミラ。斑入り。 一時このグリーンにのぼせた。(笑)

葉にも水をやったほうが喜ぶタイプです。

 

Img_1737_2

 

キッチンの上に置いてるやつは

1,2本だけ伸びてきて ムラがある・・

 

 

 

P1100514

 

先頭の写真と同じ ピレア。

白でおさえたようなマットな緑色がかわいいです。

こちらも外で植えてもぜんぜんいいと思うんだけど

ヘタすると雑草にとけこんでしまうおそれアリ。(笑)

 

 

 

P1100838

 

こちらは公園からちょうだいしてきたふつうのクローバー。

ひょろひょろっと伸びる具合がとてもイイ。

庭にも植えたら一部グランドカバーになりました。

 

P1130655

 

 

 

 

 

   
P1100891

 

じんわり好きになってきた多肉植物たち。

ぷくぷくとした風貌といい 忘れたころでOKの水やり頻度といい、

なんといっても 不意の事故で葉?がとれたり折れたりしても

落ちたとこからまた根づき栄えていく

なかなか出来るヤツらです。

 

 

P1100902 

 

そんな優秀な多肉を 玉子のカラに植えました。

細かい作業をがんばってみた自分を称える。

小さい世界なのであんまりもたないかもと期待しないでおいたけど

1年以上たって現在こんな感じ↓

 

Img_1662_3

 

飛び出しまくってます。

玉子あんま見えんし~。(笑)

これぐらい生命力のある多肉たち。

 

 

 

P1150672

P1150670

 

木 部門 No.1!オリーブの木。

シンプルな葉並びと構造が好きです。

部屋に置くには鉢が大きくて重くて 動かしたい時とか

ダンナさま不在時はどーにもならんけど、

外に植えてあるオリーブがスローな成長ぶりなので 中にも。

そしたら 枝によって伸びに差が!

Img_1671

 

形が崩れた(泣)

日当たり具合かなぁ。

 

 

 

 

P1100833_3

 

グリーンで楽しいところは

けっこう何にでも入れられるフレキシブルさ。

ワイルドストロベリーが植えてあるように見える

このホーローのマグは 鉢カバー的働きで

植えてある苗をスポッといれてるだけ。

 

 

   P1100518

Img_002_2

 

階段のところに並んだ鉢に入ったタイムも

植えてるのではなく、

中に小さいビンを入れ水に挿してます。

 

 

Img_1672_3 Img_1730

 

こちらも水に挿してるだけのタイプ。

右のはニンジンのはっぱ。

いただきもののニンジンの葉があまりに生き生きしていたので

オレンジの頭部から残して水に。

 

 

 

Img_1643

 

野菜関係ではパセリなんぞも水に挿してます。

冷蔵庫より使い勝手もいいし けっこう長持ちする。

 

Img_1654_3

 

シンク沿いにおいてます。

お弁当にもパッとちぎり すぐ色をプラスでき 便利すぎ。

 

 

 

198

 

パセリ同様サッと使えるクレソンは 川から採ってきたもの。

 

126 130

 

 

水に浮いたように漂ってるのが全部クレソン。

水のきれいなとこしか生えないらしいけど

ダンナさまおとうさんおかあさんに連れてってもらい

水遊びも兼ね 長女にたくさん採らせる。

穴場と言える 熊本市の川。

 

220

 

庭にも植えた。

寒くなりだしたらダメになっちゃったけど

花まで咲かせるくらい元気でした。

 

 

 

 

P1100857 P1100851

 

外に地植えしてるハーブたちも

ちょっといるときに使う用で

イタリアンパセリとか数種 少しだけ家の中へ。

ペットボトルを切って底に穴を開けて鉢がわりにしてます。

 

通常 夏だけのバジル

屋内だと冬もいけるのか?と思いやってみたら

家の中で冬をもう2回越したとこです。

 

P1160648

 

しかし 現在 瀕死の状態。 へへ・・

最期なのか真冬に花を咲かせた。(笑)

 

 

457 460

 

外のバジルは 前の年に落ちてた種が

芽をだしたりするもんだから たまらない ♫

バジルとトマトを一緒に植えるといいって聞いて

ちょうどもらってきたトマトの苗を 横に。

おいしくなる とか 丈夫になる とかだったと思います。

料理でも相性がいいものが そうだとは

よくできてるねぇ。

 

 

 

P1110781

 

これはブルーベリーの葉が紅葉してる時です。

違う品種のものを隣同士に2本植えると実がなるとのことで

まだ木は小さいけど 毎年少しだけ収穫があります。

 

378 452

 

↑このすずらんっぽい形の花が咲いたあとに

右のような実になり・・

455 752

 

できた実がいっぺんに色濃くなるのではなく

ひとつひとつ それぞれがブルーベリーの色にかわってゆく~。

そしてその都度 すぐ採らないと 何者かに先を越される。(おそらく鳥)

 

 

 

310 P1130673

 

この家で最初の最初 自ら植えたもの第1号は

ダンナさま実家からわけてもらった ミントとローズマリーでした。

それぞれ10cmくらいのものをただ土にさすだけ。

それが 今やわっしゃわっしゃ と伸びて増えて

おしあいへしあい状態になり、

ローズマリーの枝の中にミントが割りこんでくる形が

あんまりだったので

それまで野放しだったミント伐採計画にとりかかりました。

 

033

 

ついでに すぐ横のもみじもカットするダンナさま。

 

ミントは雑草と同じ といわれてるくらい強いので

こんなことじゃ彼らへのダメージにはならないはず・・

と 確信をもちつつ整理させていただき、

結果 ローズマリーの成長は以前に増して著しく、

ミントはぜんぜん元気に増える というあんばいです。

 

P1150679

 

背丈も一気に大きくなり 枝数も増えたので

クリスマスのリースも ローズマリーで作れたほど。

茎は硬い部分も多いので 力を要します。

 

クリスマスといえば 家の中のツリーにしてる木も

あんまり見ない種類なので 気に入っていて

もう2年以上たつけど、今年もそれをツリーにするつもりです。

  P1110557P1110550

 

鉢は植え替えるのがめんどくさかったので

ワックスペーパーの大きな袋に ただ入れています。

 

P1150661 P1150980

 

去年はいちおオーナメントっぽいやつを飾りました。

ブリキのトナカイは昔から行ってる子供服屋さんでみつけた。

木製の雪の結晶は100均!

 

ついでに チキンの丸焼きは 中ににんにくとかハーブが入ってる

ダンナさまが買ってきてくれた わたしたちの大好物☆

 

 

 

P1100558 P1100877

 

↑ 衝撃!!

ほっぽいても元気に育つものが多い中

玄関横の名も知らぬ小さい木が

たいそう虫に喰われているではないかっ!

こんなにきれいさっぱり喰いつくしてくれちゃってー。

犯人は絶対まだこの近くにいる! と つい捜したら

 

・・・ いた。

P1100557

 

しかも堂々たる犯行中。

木1本分喰ってるだけあってデカイ。

 

・・・

しょうがないの。生きてるんだもの。

チョウ かも。 (ガ かも)

・・・

 

喰うほう喰われるほう 双方のことを考え

彼のいる枝ごと折って 遠くへ。(彼のみ確保は無理だけんねー)

 

数日後ふと見ると・・

なんて けなげ!

P1100559_2

若葉色の芽がでてきよる!!(感動)

つよいなぁ 植物☆

くわれてなんぼなんだなあ!

 

 

 

P1100885 214

 

芽がでるって 改めてとてもイイです。

そのつややか具合ったら格別だ。

右の写真のなんて ちゃんと根付いてるかも自信がなかったのに

あんなはしっこから小さい芽が出てきててねぇ。

いやーうれしいねー。

 

 

 

けなげ といえば。

グリーン好きのわたしが

唯一好きでいっぱい植えてる花

レースラベンダー。

P1160627

 

他のラベンダーに比べ繊細な性質で

寒さも弱い、水も苦手 ゆえ

プランターで 雨の当たらない あったかい場所 に

おかなければなりません。

ところが わたしが見た目だけで買ってきて植えた

大きめの素焼きのポットを移動するときの重いこと重いこと。

雨の日と冬。 数個の素焼きをその度に持ち運び・・

その年はなんとかがんばったけど

次の年を考えると  わたしは迷わず 地植えという選択肢へ。(笑)

地植えにむかないこのレースラベンダーを!

 

梅雨は雨にあたりまくり

冬の間 何度も0℃を下回った。

それなのに 枯れずにどんどん大きくなっていき、

通常 春秋で花を咲かせるこのラベンダーが

真冬の年越し前後 たくさんのつぼみをつけたのです!

この寒い中 なんちゅーけなげさ!!

大げさに騒ぎたてるわたし。

2月になったら花開いてきて

雪の日も耐え(いちおダンボールかぶせました)

あったかくなってきた現在もめちゃくちゃ満開。

Img_1694P1110559

 

↑よかれと思ってダンボールをかぶせたとき

そっと触れたつぼみ付き枝がいとも簡単に折れたので

ビンに挿す。 ちょっと触れただけで折れるところ さすが繊細ちゃん。

 

そんなレースラベンダーの苗を

ラッピングしてプレゼントすることもあります。

 

 

 

P1120523_2 154_2 017_2

 

ラベンダーと同じく 花もキライなわけはなく

時として いただいたりで 飾ります。

 

P1110085_2 P1110315_2

 

アジサイのドライがずっと欲しかった時

先輩の結婚式で大きな品種のアジサイもらってうれしかった♬

左は生花。それをドライにしたものが右。

みょうばん を使って。

今は色もあせてしまったけど おいてます。

 

 

 

P1130648_3 P1130697_2

 

庭の地植えオリーブも 2年目くらいから花をつけました。

左はつぼみ(つぶつぶがカワイイ)、右が花。

ブルーベリー同様 違う品種を2本並べて植えてるので

いつか実をつけることを願ふ。

 

 

P1130665_3 P1130692_2 P1130695_2

 

その他 庭のもの 花咲いた時の写真。

左からタイム、カモミール、スナップエンドウ。

  P1130748_2 P1130747_2

 

スナップエンドウ はダンナさまおとうさんがくれた種から

ぐんぐん育ち、美味しく食べた!

 

 

 

今ちょっと困ってるのが

Img_1686

こーゆーのです。

アイビー系はぜんぜん好きなんだけど

 

P1100876 Img_1685

家の外壁をつたって伸びてあまりに高いとこまできたから

ブチブチとったら あとがものすごくかたくひっついてとれない。

ほんとにとれない。

もっと早く手をうたなければならなかったのか!?

こんなの どうすりゃいいんだろう。。。

 

 

 

 

P1150642

 

グリーン話の尽きることなく

やはり長くなりました。(これでもおさえた・笑)

 

うちが最近ADSLから光になって

今までのおそろしく遅いパソコンじゃ意味がないということで

ダンナさまが前使ってたノートパソコンに変えたら

ぜんぜんよくなって(しかもノートって手軽に電源入れれる♪)

さすがに今までよりはパソコン使うだろー と思い

その切り口になればと 2年ぶりに更新してみました。

 

おかげさまで わたしたちファミリーは家と共に成長しております。

ダンナさまとわたしは 34才になり(ひえー)

長女は 今年 2年生、次女は もうすぐ 年長さんです。

↑子供部屋も 長女入学と同時に

長女の机や 長女と次女のベッドがそれぞれ入り部屋らしく。

小学生になったら2Fの子供部屋でベッドで寝る!と言うので

大人になっても使える シンプルで圧迫感のない

無印の脚付きマットレスを買ったけど、

まさかほんとにそのままずっと一人で寝るとはー。

それがカッコよさげに見えたのか あたしもベッドが欲しいと言いはる次女に

ダンナさまおとうさんおかあさんが同じものを買ってくれました。

すると ほんとに2人とも子供部屋で寝るようになり・・

こういう日は突然くるものだなー。 と思ったね。

まだまだ先だという気でいたんで。

 

P1130528_2 P1130520_2

 

おとうさんとプロレスをするのが大好きな次女。

ダンナさまの休みのたびに待ち構えています。

メタボにはちょうどよろしい運動か。

 

 

つい先週 と 去年の暮れ のことですが

建具で 2、3箇所 生活にぜんぜん差し障りない程度の補修どころがあり

(開け閉めに関係ない部分のネジがとれたまんまとか

鍵穴まわりのメッキが剥げたところがあるとか)、

我らが匠 佐藤さんから電話をいただいたついでや

お会いしたついでに ちょっと話したら

即効手配していただき すぐ職人さんがなおしにきてくださいました。

やっぱり すばらしい!!

とても安心します。

 

 

では グリーンオンパレードのその他一部とともに今回はこれで~。

P1100874_4 

 

 

 外玄関。インターホン下。

 

 

 

 

 

  P1160659_2

 

 

 

洗面台下~。

 

 

 

 

 

Img_001   

 

中でも外でも丈夫なアイビー。

階段脇。

 

 

 

 

P1100526   

 

 

 トイレの窓。

 

 

 

 

 

 

P1110319   

 

 

 シュガーバイン2。

 

 

 

 

 

 

Img_1664   

 

 

 

 金のなる木?

 肉厚な葉がどんどん増加中。

 

 

 

 

 

 

|

« はなとうろう | トップページ

⑦引渡し後」カテゴリの記事

コメント

わ〜お久しぶりです。あまりに久しぶり過ぎてなんか笑えますね。
もう2年ですか…。心豊かに生活されてるの、感じました。

実は我が家も、去年マイホームを建てました。

いろいろありました。頑張りました。自分達なりに精一杯やり尽くしました。

そしていま…なんか気持ちが燃え尽きてしまい…心が空っぽ。

あまりテイを狙った家ではなく、ずっと長く飽きずに暮らせるようにと造った家。

「素敵な家〜」「奥様目線〜」…けなされたことはまだ一度もありません(面と向かって言う人はいないか…)。施工会社も誠実で、いまも仲良し。

でも。

新聞で売地・分譲地情報など見つけたら、心そわそわ。

CMで「セキ○○ハウス〜」を聞けば、涙腺うるうる。

なんだろ。

単なる春だからでしょうか?


多分、私…お恥ずかしい話ですが、家を持つ覚悟が足りなかったんだと思うのです。


自分の選択に責任を持つということ。とても欠如していたと思います。


こんなにふわふわするのなら、まだ賃貸にいるべきでした。


まだね…自分の家に帰ってくる感覚になれなくて。

通帳みるときだけ、「あ。家建てたんだ」と再確認します…。

すみません、変なことかいて。

微塵の後悔もない、panpanさんのBlog読んですごく羨ましかったです。

投稿: 初菜 | 2010年4月21日 02:19

初菜さん☆


コメントありがとうございます!
(相変わらずあまりパソコン使用頻度が高くないためお返事遅くなってスミマセン)

家が建ってしまったら気持ちが燃え尽きるというのは
よくあると聞きます。
建つまでの間 がんばったほど というか
家作りに集中してればしてるほど
そうなるのは自然な気がします。
建ったことで目的が終わっちゃうわけだから。
あたしも家作りに集中してた派なので
ポッカリなるのわかります。
建ってる途中でふとそれが予想できたので
「建ってからも家作り、建ってからが本番」
みたいなことを自分に言い聞かせてた覚えがあります(笑)。
でも住むために建てたという
本来の目的を本当に思い出せば大丈夫!
気もちを現在の家に集中したら
楽しみをたくさんみつけやすいと思います。
そしてなんかありがたくなると思います。

うちの場合は社宅(築40年くらいのボロボロなども)だったし、
家建てようと思ってから4年もかかってるので、
早く自分たちの家に…!というのが強かったから
後悔はないけれど
支払いへの不安は常時ありますよー!
設定 無理しちゃったから。
でも考えないようにしてます。
それぐらいでちょうどいいと思うようにしています。

長くなって失礼しましたー!

投稿: panpan | 2010年4月26日 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はなとうろう | トップページ